ロレックスは1950年代後半から、イースタン・アラビアインデックスと呼ばれるインド数字を採用した特別なデイデイトのダイヤルを提供

新旧デイデイトに見られるアラビア文字のサインは、オマーンのハンジャルだけではない。ロレックス デイトナ コピーは1950年代後半から、イースタン・アラビアインデックスと呼ばれるインド数字を採用した特別なデイデイトのダイヤルを提供してきた(ドバイ・ウォッチ・クラブの創設者であるアデル“D244”アル・ラフマニ〈Al-Rahmani〉氏は、WatchesBy SJXにインド数字を採用したロレックスの時計の歴史についてすばらしい記事を寄稿している)

ロレックスデイデイト1183392BRカテゴリー ロレックス デイデイト(新品)

型番 1183392BR
機械 自動巻き
材質名 ホワイトゴールド
宝石 ダイヤモンド
タイプ メンズ
文字盤材質 メテオライト
ケースサイズ 36.0mm
機能 デイデイト表示
付属品 内外箱
ギャランティー

イースタン・アラビック・デイデイトのなかには、ユニークなダイヤル採用しているものがあり、グラマラス・デイデイトのオークションでは、“アラジンの薔薇”や“ブルックリン・ブリッジ”などが出品されていた。2020年12月、フィリップス社は“ホルスの目”を出品した。このモデルは、Pt製のユニークなRef.1804で、アシンメトリーなギヨシェダイヤルが特徴的だ。

アメリカでは、かつてYGケースにゴールドシャンパンダイヤルを備えたクラシックなデイデイトが人気を博し、口髭を生やした西テキサスの石油会社関係者やゴードン・ゲッコー時代のウォール街のエグゼクティブたちの腕に登場した。しかし、オマーンやアラブ首長国連邦などの中東諸国では、ダイヤルの色や宝石、仕上げの方法などが万華鏡のように異なる、より精巧なデイデイトのイメージが定着していた。後者は、ロレックスの最高級コレクションのビジョンがいかに魅力的であるかを表している。

中東の一部のコレクターが何年も前から知っていたことに、世界がようやく追いついてきたのである。

【関連記事】:http://nakaidentalclinic.com/kantan-cgi/diary.cgi

发表评论

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com 徽标

您正在使用您的 WordPress.com 账号评论。 注销 /  更改 )

Twitter picture

您正在使用您的 Twitter 账号评论。 注销 /  更改 )

Facebook photo

您正在使用您的 Facebook 账号评论。 注销 /  更改 )

Connecting to %s